濁川カルデラ

濁川へは、森より国道5号線を八雲方向へ進み、石谷の集落を過ぎて少ししたところにT字路の交差点があります。
大きな交差点で、いろいろな看板が出ているので、間違えることはないでしょう。
この交差点を左折です。あとは1本道で、濁川へたどり着きます。




濁川の見所は、なんと言っても、地熱発電所でしょう。
しかし、一般人が突然訪ねていっても、見せてはくれないと思います。
地熱発電所では、地下から熱水を取り出し、その蒸気圧でタービンを回して発電し、使った熱水はまた地下へ戻すということをやっています。
これだと、用済みの熱水で環境を破壊することも防げます。
ただ、悩みは、湯ノ花です。
温泉水を利用しているために、パイプに湯ノ花が付き、それを掃除する手間がかかるということです。

ここでは、発電のほか、ビニールハウスの暖房などにも温泉水を利用しており、高地熱地帯としての地の利を生かしています。

濁川カルデラは、元々火山でした。
1万2000年前に、大噴火を起こし、あたりに火砕流台地を作りました。
森の蝦谷あたりから、栄浜あたりまでの海岸線は、ずっと台地になっていますが、この台地がすべて濁川カルデラからの噴出物なのです。
頭の中で、どのくらいの量が出たものか想像できるでしょうか。

あまりにたくさんのものを噴出してしまったために、火山の底が空っぽになってしまい、火山は、地下に崩れ落ちて、カルデラになりました。
濁川カルデラは、地熱開発のため、詳しく調べられました。

その結果、地下に行くほど円形の直径が小さくなっていく、じょうごのような形をしたカルデラであることが世界で初めて確かめられたのです。このようなカルデラは、ろうと状カルデラと呼ばれます。地質調査では、湖性堆積物も確認されています。もしかすると、昔、濁川カルデラは、洞爺湖のミニ版のような湖だったかもしれません。
いろいろ想像してみると楽しいですね。



| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別 |資料森のトップへ