北海道栽培漁業総合センター裏の崖

行き方

鹿部市街地から、砂原方向へ車を進めます。
途中右側に看板が出ていますので、そこを右折。
入っていくと、また看板が出ているので、そこを左折で、北海道栽培漁業総合センターにつきます。
センター前が広い駐車場になっているので、車を置かせてもらい、建物の裏手の方へ進みましょう。
(センターとしては、事故の心配があるために、あまり歓迎されません。きちんと挨拶して、許可を受けた方がいいでしょう。)




センターの裏手へ回ると、海岸に沿って海蝕崖が続きます。





何枚かの黒ボクを挟み、火山灰が層になっています。
上の方は、レンガ色の火山灰があります。
下半分は、灰色の層が積み重なっています。
この場所では何が起こっていたのでしょうか。
地層を見ながら再現してみましょう。




下半分の灰色の層は、砂層・シルト層などからなり、所々にレキ層を挟みます。
この層は、1640年(寛永17年)の大噴火で、山体が丸はげになり、その後の雨などのたびに山体から土砂が流出し、積もっていったものと考えられています。詳しいことはこれからの調査が必要です。




真ん中の白っぽい層は、軽石がつまっています。大きさはだいたいそろっていて、角がとがっています。
1856年(安政3年)、1694年(元禄7年)の2回の噴火で降り積もった降下軽石と考えられています。
空から直接降ってきているので、軽石の角は新鮮で削れていません。空を飛ぶことで淘汰が進み、ほぼ同じくらいの大きさの軽石が同じくらいのところに降り積もることになります。

白い層の上には、黒い層が挟まっています。これは黒ボクといい、昔の土壌です。
黒ボクは、植物が生えたり枯れたりしながら作り上げた黒土で、これがあるということは、昔この面に植物が生えていたという証拠になります。
つまり、上の赤い層が積もる前までは、1856年以降ここが地表面だったわけで、ここに草や木が生え、ミミズが住み、動物たちが暮らしていたのです。

1929年(昭和4年)、昭和の大噴火が起こり、赤い層が積もりました。この層はなぜ赤いのでしょうか。
この色は、レンガの色です。レンガは、高温で焼かれてあの色になります。つまり、レンガ色は、高温で焼かれたときに出来る色なのです。
赤い大きめの軽石を割ってみましょう。赤いのは外側だけで、中は白いのです。
このことからも、赤い色は、外側から高温で焼かれたことがわかります。

赤い層をよく見ると、軽石の角は丸く、削れています。軽石の大きさも、大きなものから小さなものまですべてごちゃ混ぜです。
このことから、この層は、山体を流れ下ってきたものであることがわかります。

これらのことから、昭和4年の大噴火では、山頂の大火口から吹き出した高温の軽石が、山頂を埋め尽くした後に流れ出し、一気にここまで、熱いまま流れ下ったことがわかります。これを軽石流堆積物といい、火砕流の一種です。
その温度およそ800度。泡立つおかゆ状態の軽石、火山ガス、水蒸気、その他ごちゃ混ぜの熱い雲が山体を流れ下ったのです。スピードは100キロを超え、山頂から20分以内にここまで到達したと考えられています。
その様子を想像できますか。

この崖から山側には、別荘地があり、ホテルがあり、人がたくさん集まるようになりました。
同じような噴火が再び起きた場合、避難は間に合うのでしょうか。

赤い層の上には、白い層が数十センチ積もっています。この層は降下軽石層です。ですから、軽石流が流れた跡に、空から軽石が降ってきたことがわかります。
白い層の上には、黒ボクがあり、そこには植物が生えています。このことからも、黒ボクが植物によって作られることがわかるでしょう。



| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別資料鹿部町TOP