貝殻橋への行き方 ポイント1


種川の集落を今金方向に過ぎ、メップ川にかかる橋を渡ります。橋を渡ったところに、町道の入り口があるので、右折します。

この写真の奥の青いガードレールのところがメップ川の橋です。ダンプが出てきたところが道路の入り口になります。


ここより約4キロメートルほど進むと、橋が2つあります。2つめの橋が貝殻橋です。

ポイントは、この橋の両側にあります。


貝殻橋の1つ目のポイントは、橋の手前です。2つめの橋を渡ってしまっては行きすぎです。



橋の手前の小道を右折します。

すると、上の写真のような小道が続きます。真夏だと、オオイタドリが道にはみ出していて、車が傷だらけになるかも?
数百メートル進むと、土取場があります。ポイント1は、ここです。


上っている人と比べてください。かなり大きな崖だというのがわかるでしょう。

車もこの崖の前に置けますので、安心して進んでください。




土は今も採られているので、行くたびに崖の様子は変わっています。
安全に気をつけてください。


この白い崖には、上の写真のように、貝化石がぎっしりと詰まっています。どれもバラバラで、2枚合わさっているものはありませんので、これらの貝は、波の力でここに運ばれてきたことがわかります。このような化石は異地性のもので、はきよせ型といいます。

この貝たちの生活していた時代は、瀬棚層の時代よりも古く、約1500万〜1100万年前の、八雲層の時代と考えられています。

ポイント2への行き方





| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別資料今金町TOPへ|