添別川の化石採集

準備するもの

長靴(絶対に必要です。川の中を歩きます。裸足は足の裏を切ります。)
(暖かい時期ならば、靴下をして、古いズック靴をはき、そのまま半ズボンでザフザブと入るのが、1番歩きやすいし、安全です。冷たい水が気持ちいいです。)
軍手(しなければ貝殻で手を切ります。)、
ビニール袋(採集した貝化石を入れます)
タガネかマイナスドライバー(なければ5寸釘でもかまいません)、ハンマー、虫除けスプレー

行き方
トワ・ヴェールから坂を下っていくと、添別川にかかる小さな橋があります。
橋を渡ってすぐ、左手に入る小道がありますので、左折します。
ここには、標識と、ゴミ箱がありますので、間違えることはないでしょう。







その道を約1キロメートルむと、2件目の農家が見えてきます。




2015年情報
上の図で「ここは農地です」と書いた畑が、2015年はシストセンチュウの予防のために立ち入り禁止になっています。
「車はこのあたりにちょっと置けます。」のところも、入らないようにしましょう。
さらに上流の立ち入り禁止でないところから、川にアタックすることになりますが、道もなく、やぶこぎすることになるので、子ども連れなどにはおすすめできません。
また、近年の大雨で、川が氾濫したらしく、倒木があったり、広い川原ができてしまっていたりと、川の様子がすっかり変わってしまっていました。
どこからアタックすればいいのかは、「ブナセンター」さんに聞くのがいいのではないかと考えます。



2015年5月31日の川の様子
大水で流されてきた石がごろごろしていて、広い川原を作っています。
遠くには倒木が転がっています。
川の中の石にはコケが生えていて、とてもすべります。







以前の記事

目的地は、左側の河畔林の中にあります。
添別川へ行くには、このデントコーン畑や牧草地を横切らなくてはなりません。
しかし、畑の中を歩くことは絶対にしてはなりません。農家の方に迷惑をかける行為は絶対にやめましょう。
付近を探すと、小さな滝沢川がありますので、その脇を通るようにします。コンクリートやブロックで護岸されていて、用水路のように見えます。
滝沢川沿いに歩いていくと、川にぶつかります。ここが添別川です。
貝化石が出るのは、もう少し上流ですので、川の中を右に進みます。転ばないように注意してください。
川の中には、もう白い貝殻が転がっています。これは全部化石なのです。
数十メートルさかのぼると、地面の中に貝がたくさん埋まっているところにつきます。




もう一つの行き方

滝沢川を行くこともできますが、もっと奥の牧草地まで進み、そこから横切っていくこともできます。牧草地も畑ですから、草の中を歩くことはしてはいけません。土手やあぜを歩くようにします。
こちらからの場合は、川を下流に向かって歩かなくてはなりません。もしかするとこっちの方が楽かも。

添別川の地質

貝をたくさん含むこの地層は、粒の細かい灰白色の砂岩からできています。瀬棚層です。
貝の埋まっている様子を見ると、2枚合わさっているものも多いことから、貝たちはこの場所にすんでいたものと考えられます。
しかし、貝たちが生きていたころは、100万年も昔のこと。当時、ここは浅い海だったのです。(川ではありません。)



添別川の貝化石

ここは、非常に保存状態がよく、とても100万年たっているようには見えません。貝殻には色も残っており、つい最近まで生きていたかのようです。
あまりにもきれいすぎて、本当に化石なのか、ただの貝殻なのかと、いぶかしがる人までいるくらいです。
絶滅してしまっているダイシャカニシキ、ムカシオナガトリガイなども、採集できます。









添別川の貝化石図鑑へ

2003.05.11 取材
2006.06.03 取材
2015.05.31 取材

| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別 |資料黒松内町TOP