貝子沢化石公園

乙部町市街地と、姫川の間には、貝子沢化石公園があり、第4紀(鶉層)の貝化石床を見ることができます。
ここは見学だけで、貝化石の採集はできませんので、ご注意ください。

と書いていましたが、2011年5月現在、危険な状態(以下参照)であることが確認されましたので、改善されるまではおすすめしません。

行き方

江差町から、熊石方向へ北上します。
乙部町市街地の信号を右折し、姫川方向へ進みます。
しばらく進むと、貝子沢化石公園の看板がありますから、左折します。
姫川の水という看板も、目印になります。



田畑の中の道をしばらく進み、下の写真のような交差点に出ます。
ここにも看板が出ているので、間違えることはないでしょう。
看板に従って、右折です。



約300メートルで、貝子沢化石公園の駐車場に到着です。
昔は駐車場入り口にすごい段差があって、普通車は入れない感じでしたが、今では改善されています。








目指す化石床は、この案内図の通り、かなり山の上にあります。
ずっと遊歩道が整備されていますから、心配することはありませんが、
結構な登りです。年寄りにはちょっとつらいかも?

2011年に確認したところ、この階段が問題です。


階段が腐れ落ちています。踏み段が半分しかありません。


崩れ落ちています。


一番上の広場も、いつ床が抜けるかわかったものではありません。


これはもう、大規模改修が必要です。一般の方は、登らないことをおすすめします。
命の危険があります。
乙部町さん、ぜひ直してください。




上まで上り詰めると、目指す化石床です。




貝殻がぎっしりと詰まっています。
この産状は、はきよせ型です。貝殻などが、海水の流れによって、一カ所に集められたものです。








崖の下に落ちていた貝化石です。






以前はこんな標本も展示されていたのですが、2011年にはもうありませんでした。
残念。展示が後退していくとは・・・。



木製の階段や、このようなプレートなど、ぜひ改善していただきたいものです。



2003.6/22 取材
2011.5/21 取材




関連項目

鶉層(厚沢部町)
はきよせ型貝化石床(八雲町上八雲)
はきよせ型貝化石床(黒松内町中里)


| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別資料乙部町TOPへ |