函館市(旧椴法華村地区)
地図は下にあります

メニュー

恵山岬灯台

恵山岬灯台公園

ピカリン館

ホテル恵風

水無海浜温泉

恵山岬

銚子岬

銚子サーフビーチ
 

恵山火山のめぐみ

 旧椴法華村地区は、恵山火山のふもとに広がる漁業を中心とした村です。
「椴法華」と書いて、「とどほっけ」と読みます。どういう意味かと、不思議がる人がたくさんいます。トドとホッケが捕れるのかと思っている人もいました。
 法華経が関係しているという伝説も残っているようですが(水無海浜温泉の看板参照)、ピカリン館の中に掲示されていたアイヌ語由来の方が説得力があります。それは、アイヌ語で、岬のことをトト、陰のことをポケといい、岬の陰という意味でトトポケと呼ばれていたというものです。
 旧椴法華村地区の観光地は何といっても、恵山岬の上の高台でしょう。ここには、恵山岬灯台、ピカリン館、ホテル恵風(ケイプと読む)、公園と、ポイントが集中しています。
 そして、何といっても見逃せないのは、さらに奥の水無海浜温泉です。ここは、地下から温泉が沸き出しており、そのままでは熱くて入れないのですが、海の水が薄めてくれてちょうどよくなるのです。ただし、潮の干満によって、入れる時間帯が決まってきます。運がよくないとなかなか入れませんので、時間帯を調べてから出かけましょう。
 銚子の浜では、サーフィンが盛んです。ここは太平洋の荒波が打ち寄せる砂浜で、サーフィンにはもってこいなのです。







| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別 |