知内町
地図は下にあります

メニュー

 中ノ川の不整合

知内郷土資料館

涌元漁港

狐越岬

小谷石の変成帯


知内火山の噴火をたどる

 知内町には、北海道電力知内発電所があり、遠くからでもその高い煙突が目につきます。また、ニラの栽培や稲作の盛んな地域で、一面に水田や畑の広がる美しい地域です。
 木古内町から知内市街に至る海岸は、段丘地形が続いており、この段丘の露頭では館層や段丘レキ層などを観察することができます。涌元地区から矢越地区に至る海岸線は、ハイアロクラスタイトが目立ち、知内火山の活動した様子が見てとれます。ハイアロクラスタイトやこれが変質したものは大変崩れやすく、かつて矢越地区では土石流が発生し大きな被害に見舞われました。今はトンネルや砂防ダムも建設され、災害から守る手立てが講じられています。
 知内町では、旧石器時代から縄文時代の遺跡が多数発掘され、それらの資料は、郷土資料館に保管展示されています。日本ではピリカとここだけでしか見つかっていない、貴重な玉も見られます。このカンラン岩とコハク製の装身具は大変貴重なもので、国の重要文化財に指定されています。




| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別 |資料|