館の岬の大露頭

 

乙部市街地から、熊石方向を望むと、館の岬が見えます。

ここは、天然の大露頭が有名で、館の岬トンネルを越えてからも縞模様のよく見える大露頭が続きます。

十数年前、この崖が崩落して巨大な岩石ブロックが道路に落ちたことがありました。
このような危険があるので、コンクリートで固めてしまいたいところでしょうが、ここの地層があまりにも見事で、観光に役立っていることから、固めることは控えられています。






この崖は、白い砂岩層と、黒い砂岩層が交互に重なっています。白い砂岩層は50−200p、黒い砂岩層は、5−15pの厚さがあります。

近寄って、観察してみましょう。

黒い砂岩層は、主に安山岩などの細かい岩片からなっています。細かい葉理(ラミナ)も見られます。


白い砂岩層は、主に1o以下の石英や長石などからできています。

白い砂岩層の表面には、不規則な模様がたくさん見られます。これは、まだ地層が柔らかい砂だった頃に、海の底をはい回る生物たちの付けた跡や巣穴で、生痕化石といいます。

ここの地層には、ケイ藻や放散虫などの微生物の化石が数多く含まれています。それらの微化石の研究から、この地層は、500万−140万年前の時代に堆積したと考えられています。

ここの地層は館層という名前が付いています。


| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別資料乙部町TOPへ |