木古内町
地図は下にあります

メニュー

サラキ岬の咸臨丸

サラキ岬のチューリップ

サラキ岬の穿孔貝

サラキ岬の生き物たち

サラキ岬の背斜構造

佐女川神社

丸山

薬師山

咸臨丸の眠る町 木古内町

 木古内町には、日本で初めて太平洋を渡ったあの咸臨丸がしずんでいるのです。函館戦争のあと、輸送船として使われていたのですが、暴風に流されて、サラキ岬付近で座礁し、沈没しました。
 ここは、近年町の有志の手で、公園になっており、毎年いろいろなものができています。そして、何万本ものチューリップが有名になっています。
 また、冬には、佐女川神社の禊ぎが有名です。毎年テレビのニュースになったり、新聞のニュースになったりしています。
 上磯町との境にある丸山は、上磯のトラピスト修道院側から登れます。春には、様々な野草の見られる、自然豊かな山です。
 町中からは、薬師山がいいお散歩コースです。公民館のところから手軽に上れます。春はシバザクラが見事です。








| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別 |資料