函館市(旧南茅部町地区)
地図は下にあります

メニュー

川汲公園

大船C遺跡

中空土偶

大船温泉上の湯

大船温泉下の湯

大船温泉柱状節理

黒羽尻岬

黒鷲岬

獅子鼻岬

水中噴火と、縄文遺跡 

 旧南茅部町地区は、噴火湾に面した、漁業の町です。ここでは昆布の養殖が有名で、特に質のよい昆布は、天皇家御用達です。

 近年、大船C遺跡、著保内野遺跡など、縄文時代の大変貴重な遺跡が次々に発見されています。その規模は、青森の三内丸山遺跡を越えると言われています。(でもお金がないので、発掘はなかなか進みません)
 また、2003年には、不審火によって、大船C遺跡の発掘物が全焼するなど、考古学への大きなダメージをおってしまいました。
 しかし、2007年、著保内野遺跡から発掘された中空土偶が国宝と指定され、南茅部地区の重要性が一気に全国にアピールされました。

 南茅部地区の地質は、水中噴火のオンパレードです。そこここで、水中噴火の跡を観察できます。





| TOP | 市町村別 |成り立ち別 | 目的別 |